■可変高周波電源 T162-6344C
本器は、周波数2MHz帯で最大2kWを出力する、パルス専用高周波電源です。
発振部を3系統内蔵し、各々任意の周波数に設定でき、それらを外部信号によって高速で切替える事が可能です。
出力電力も、発振器毎に設定する事が可能です。

また、本器の後段に真空管増幅器と方向性結合器(T051-7944A)を接続することで、大電力でのフィードバック制御を行い、出力電力の安定化を行うことが可能です。

また、アンプ部を切り離し、代わりに弊社のイオン源用半導体高周波パルスアンプ(T146-7844A)と組み合わせることで、半導体化された大電力高周波電源装置を構成することが可能です。

▲T162-6344Cアンプ部

▲T162-6344Cコントローラ部

型式番号T162-6344C
発振周波数1.8MHz~2.2MHz 1kHzステップで設定可能
出力電力ピーク 0~2kW 最大デューティ 5%
入力パルス電圧0~+5V 50Ω (パルス発生器は内蔵していません)
RFパルス入力パルス幅 50~2,000μs:無段階
繰り返し 1,2,5,10,15,20,25,50Hz:8種類
ゲート入力RFパルス入力とゲート入力が共に入力されている時に、第2周波数に切替えて出力します
インターロックゲート入力インターロックゲートが入力されている時だけ、反射過大保護回路が動作します
出力電力安定度±1%
適合負荷50Ω 耐反射=VSWR3以下 (許容反射電力:500W)
高周波含有率-30dB以下
出力コネクタHN-FEMALE
冷却方式強制空冷
保護機能異常停止:温度・アンバランス・反射過大・電源異常・デュ-ティオーバー・外部インターロック(2系統)
異常低減(警報):主アンプ出力/反射異常・励振アンプ出力/反射異常
電源アンプ部:AC210V 50Hz/60Hz 3相 5kVA以下
コントローラ部:AC210V 50Hz/60Hz 単相 200VA以下
外観19インチJIS標準ラック用ケース 2箱
外形寸法480(W)×550(H)2箱に分割×550(D) (mm)