■NMR用パルス発生器 N210-1026E
本器は、パーソナルコンピュータのWindows上のソフトにより各種のパルスを設定でき、USBでコンピュータとの通信を行うことが出来ます。
また、このBOX内に弊社のA/D変換ボードを取り付けることが出来るため、自動測定を可能にすることが出来ます。


■出力ポート:16チャンネル
■出力レベル:TTL
■外部トリガ:IN・OUT
■外部CLK:有り
■最小設定時間:100ns
■分解能:100ns
■USB対応

入出力名称送信パルス(Tx1)、送信用先行パルス(Tx2)
QPSK1、QPSK2
AD TRG IN、AD CLK IN
設定項目コムパルス幅、コムパルス数、コムパルス間隔(tj)
1'stパルス幅、2'ndパルス幅
1'stと2'nd間隔(τ)、休止時間&繰返し時間
1'st QPSK、2'nd QPSK
AD OFFSET、AD TRG位置
オシロスコープ用TRG位置
時間設定各パルス幅:100ns~1s
各パルス間隔:100ns~36,000s
繰返し&休止時間:1ms~36,000s
積算回数32,767回
電源AC85V~264V 50/60Hz 30VA以下
寸法320(W)×132.5(H)×350(D) [mm]
重量4.5kg