■NMR用電力増幅器
本器は、NMR用として高性能を求めて開発され、オールソリッドステート化された高速パルス電力増幅器です。周波数帯域は広帯域化されており、高速応答・低雑音等のトータル性能を実現しています。
オプション設定にて最終出力に方向性結合器を内蔵させ、進行波および反射波をメータ上でモニタする事が出来ます。また、外部へのRFモニタも出力させる事が出来ます。

■前置増幅器
本器は、NMR測定の受信部初段において、微弱なFID信号を増幅するための前置増幅器です。

■低温用プリアンプ
本器は、微小信号の測定において影響の大きい雑音の低減を目的に開発されました。4Kでの動作が可能な為、常温での使用に比べプリアンプ入力部の熱雑音を減少させることが出来ます。NMR信号のS/N向上、ひいては測定時間の短縮やこれまで測定できなかった微弱信号の受信に貢献できます。

■NMR用デュプレクサー
本デュプレクサーは、NMRを行う為の送受信切替器として、またパルスにて行う高周波信号切替器として御利用になれます。送信時による受信機側への漏れを最小限に抑える事が出来るため、受信機に与える影響が少なくなります。

■ヘテロダイン受信機
本器は、NMR用に設計された低雑音・高利得のダブルヘテロダイン受信機です。広帯域にわたり無調整で使用できます。

■アナログアベレージャー
線形時不変システムの被観測系は、インパルスに対するインパルスレスポンスで特徴付けられます。この系の出力に白色雑音が重畳されており、且つその入力信号が周期信号の場合、本装置で周期信号に同期した信号で観測すれば、白色雑音成分を抑圧した信号成分のみのレベルを抽出することが出来ます。

■ユニット式受信機
本受信機は①1'st AMP、②2'nd AMP、③PSD、④DC-AMP、⑤REF-フェーズシフタの各ユニットに分かれており、必要に応じそれぞれのユニットごとに拡張することが出来ます。使用上は非常に使いやすく設計されており、価格はお求め易く、周波数帯域の拡張は③PSD、⑤REF-フェーズシフタを差し替えることでバージョンアップすることが出来ます。

■NMR用パルス発生器
本器は、パーソナルコンピュータのWindows上のソフトにより各種のパルスを設定でき、USBでコンピュータとの通信を行うことが出来ます。
また、このBOX内に弊社のA/D変換ボードを取り付けることが出来るため、自動測定を可能にすることが出来ます。

■プログラマブル・パルサー
本器は、NMR用・ESR用・超音波用・分析用等、デューティ比の異なる多数の多種パルスを必要とするシステムに最適です。
パルスパターンの設定はGP-IBにて行い、フロントパネルに配置している液晶カラーディスプレイ(640×480)で、設定したパルスパターンならびに出力チャンネルの状態を簡単に確認出来ます。

■TCPプログラマブル・パルサー
本器は、各種計測におけるタイミング生成に最適です。パルスパターンの設定はTCP/IPにて行います。外部制御ソフト(Lab-view等)からコマンド制御を行うことで、自動測定システムを構成することが出来ます。
弊社製GPIBパルサー(N210-1026S)と同じコマンドにて制御が可能です。

■インピーダンスアナライザー
本器は、NMRプローブの調整用に設計されたインピーダンスアナライザーです。付属ソフトをしようすることにより、PC上にてプローブの整合状態を確認することが出来ます。同軸リレー切換出力を有しているので、自動測定への拡張も可能です。
また、海外でも使用可能なようにAC電源入力をワイドレンジにて設計しています。

■高速積算A/D変換ボード
入力されたアナログ信号をデジタル信号に変換し、デジタル信号で積算を行うことが出来るため非常に高速で積算する事が出来ます。
なお、このA/D変換ボードはUSBでパーソナルコンピュータとの通信を行うようになっております。
このボードは弊社が販売しているパルス発生器(N210-1026E)の中に組み込んで使用する事も出来ます。